日本海に浮かぶ離島での、のんびり見えて実はけっこう忙しい日々。徒然なるままに書き綴ろうかと思ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人類(私)史上最高の出来


というわけで、ロールケーキの出来上がりはこんな感じです。
自分で言うのもなんですが、人類(私)史上最高の出来ですよ!
だいたい、このてのスポンジ系はうまくいかないものなのです。
だって、ケーキなのにベーキングパウダー入ってないんですよ。
おまけに卵は共立て(全卵をそのまま泡立てる)ですし。
たいがいは、何だかガチガチに固かったり、パサパサすることが多い。
でも今回は、生地がしっとりできました。

とはいえ、改善点もまだまだあるので
また近々、再挑戦する予定です。
生地は比較的うまくいったけど、予想外にもっちりしてたしね。

あ~、お菓子づくりって楽しいなぁ!
今週末も何か作りたいっ!
スポンサーサイト
さて、出来上がりは?


今日は私の勤め先がお休み!
なので、週の半ばに一人の休日!夢のようです。
まあ、天気が悪いので、夫は出たり入ったり
ウロウロしてますけどね。

そんな貴重な休日の午前中は、掃除!
さすがに年末ですし、やらないとね~
2時間ほど頑張って力尽きました。
掃除とか片づけって、やっぱりあまり好きじゃありません。

午後は2時過ぎまでダラダラした後は
最近はまっているお菓子作り。
今回は珍しく冒険して、ロールケーキに挑戦しました。
COOKPADで話題の(私の周辺の一部ですが)
ゆきらいんさんのレシピで作りました。
無心にケーキの生地をかき混ぜるのが楽しかった。
写真はロールケーキの生地の焼き上がりです。
これにマロンペースト入りのクリームと
栗の渋皮煮を刻んだものを入れて巻きました。
試食はこれから。美味しくできてるかな~
お~っ、カモちゃんじゃないですか!


写真のカモ、我が家のカモちゃんが帰ってきたのかと思うくらい似ていますが、
別の地区にいる別のカモです。
でも、その姿は懐かしくて可愛いっ!
次女とマメにパンなどやって、手懐けようとしています。

姿はそっくりでも鳴き声は全然違うし
わかってはいるけれど、
見るたびにカモの頭頂部に赤い水玉模様がないか確認してしまいます。
我が家のカモちゃんは、舟のペンキ塗りをしている
おじさんたちの側でウロウロするのが大好きで
頭のてっぺんに赤いポチが付いてたんですよね~
あ~、もう一度会いたいなあ。
何個あるでしょう?


我が家の牧場の柿の木は、今年も豊作でたわわに実がなっています。
昨夜、その話題になり、なぜか柿の実の数を当てることになりました。

それぞれの予想と勝った時の賞品は以下。

次女 - 200個
ニアピンならアイス1個
ピッタリならアイス3個
長男 - 270個
賞品は次女に同じ。
私 - 178個
夫に3日間、夕飯を作ってもらう。
夫 - 300個
妻(私)は6時までに朝食を用意する(年内)

というわけで、証拠の写真を撮ってきました。
これをブログにupして、パソコンの画面で数をかぞえます。
それにしても、たくさんなってるわ~
負けそう!
早起きは嫌いなのに~!ピ~ンチ!!
最近の読書


相変わらず、秋の読書ブームが続いています。
一番の収穫は沖方丁(うぶの漢字違いますが)の「光圀伝」
黄門様になんて、まったく興味はなかったけれど
いちおこの作者の作品だから読んでおこう
程度の気持ちだったのですが
すごく面白かったし、感動したっ!

次なる感動は星野道夫の「旅する木」
アラスカなどでのエッセイをまとめたものですが
星野さんの1本筋の通った、生き方がいいなぁ。

そして、石川直樹さんの「最後の冒険家」
気球に乗って、太平洋で行方不明になった神田道夫さんの話。
神田さんの冒険の仕方は、もしかして無謀だったのかもしれない。
でも、そういうふうにしか生きられない人だったんだなぁ。
と、何だか切なくなりました。
至極まっとうに生きてしまっている自分の中に
不器用にひたむきに生きることへの憧れがあるようです。
そういえば、最近のヒット「フェルマーの最終定理」
に出てくる数学者たちも、そんな人々でした。

というわけで、読書の秋は、冬まで継続です。

写真は、またもや通勤路のイチョウ。
私の生活は本当にいたって穏やかです。
ありがたいことだ。
楽しい週末でした。


ふと気づけば火曜日の夕方…
月日の過ぎ去るのは本当に早いものです。
とか、感慨に耽りたいわけではなく、今さら週末の話。

この前の週末は久しぶりに気候が穏やかでした。
とはいえ、土曜日は一日中、台所でゴソゴソ。
そして日曜日に小春日和(とこの時期言っていいのか?)
を満喫しました。

久しぶりの牛の移動~!
写真は家の近くに移動された親子。
ここは夏中、1頭も牛が入っていなかった牧場なので草がいっぱい!
パラダイスな環境で、親牛はすっかり満ち足りたようす。
その回りを子牛がウロウロする光景は、とても幸せです。
ひさびさに晴れました


今年は本当に秋晴れの時期が少なかったですね。
隠岐も最近ずっと強風、そして突然の雷や霰
おまけに海が時化るので、毎日ゆううつな舟通勤です。

でも今日は久しぶりの晴れ!
気温も少し高めだし、ホッとひと息つきました。
通勤路のイチョウがキラキラ光っています。
牛市、なのに雨


牛市は最初大雨でしたが、
途中から晴れ間も出て無事に終わりました。

お母さんが恋しくて、モーモー合唱が響く会場は
相変わらず何だかほのぼのでした。
相場はちょっと低めでしたがね。

さて写真は、牛市の数日前に会場に連れて来られた我が家の子牛たち。
手前から3頭目の、こっちを見ているのは
今年の2月、寒波の中で生まれて
寒さのあまり死にかけた“大雪ちゃん”です。
その後、無事に体も大きくなり
性格もぼんやりのおっとりで、可愛い奴です。


暗い…


ただいま10時20分、突然の大風と大雨で
外の景色はこんなになっちゃいました。
最近、天気悪いですよね~
大山登山をした頃の秋晴れが懐かしいです。

でもまあ、3人の子どもたちも私も
安心な建物の中ですからいいとしましょう。
夫もちゃんと雨宿りしてるかな~

と、ここまで書いて思い出しました!
今日は長女の高校のロードレースの日!
10km走るって言ってたけど
途中でこんな雨に遭ったら最低です。
松江は降っていないことを祈ろう。
素晴らしい景色


今日は、仕事で町の中央図書館に行き
そこの司書さんと一緒に昼ご飯を食べました。

中央図書館は木造のステキな建物で
窓の外には田んぼが広がっています。
すんばらしい借景!
こんなところで食べると、いつもの弁当も
ちょっと美味しく感じる…ような気がしないでもない…かも。

さぶっ!


何なんでしょう、この寒さ!
私のタンスはまだ衣替えをしておらず、
1枚だけあるウールのカーディガンを毎日着ています。
今週末は必ず、衣替えしよう!

写真は意味なく、変な格好をして楽しむ次女。
この奇妙な帽子は、田舎では常識の
外作業用日除けサンボンネットです。
私はこれを“おばさんボンネット”と呼んでいますが、
島ではおじさんもかぶっていたりします。

それにしても、この写真を撮ったのは10月24日!
1週間ちょっと前には、次女は半袖を着てたのに!
何なんでしょう、この寒さ!(最初に戻る)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。