日本海に浮かぶ離島での、のんびり見えて実はけっこう忙しい日々。徒然なるままに書き綴ろうかと思ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弔いついでにオイル・サーディン


昨夜は魚の処理が大変だったとグチをupしましたが
大変ついでに夕飯後、オイル・サーディンを作ってみました。
圧力鍋でやると意外と簡単!
お味は、少々塩気が足りない気もしますが、
まあまあな感じです。
今日の昼ご飯にパンに挟んで食べました。

余談ですが、島では魚の内臓を取ったりすることを
魚の“しご”をする、と言います。
だから昨日の私の状態は
「帰ったらイワシがいっぱいで、しごすんのが大変だった~」
って感じです。
ちなみに魚だけでなく、山菜とかの処理も“しご”です。
で、この“しご”、漢字で書くとどうなんだ?
というのが私の長らくの疑問です。

スポンサーサイト
イワシのとむらいしまくりです


金子みすずさんの“大漁”という詩があります。

はまは祭のようだけど
海の中では
何万の
いわしのとむらい
するだろう

夫は最近、イワシ漁の手伝いに行っていて
そんなに大漁ではありませんが
けっこう大量のイワシを持って帰ってきます。
というわけで、我が家の台所ではイワシのとむらいしまくりです。

今日は仕事が早く終わったので、
少しのんびりしてそれから少し手の込んだ夕飯を作るつもりが…
クーラーBOXにイワシいっぱい!
頭や内臓を取り、一生懸命冷凍していたら
今度は夫がイカを袋いっぱい持って参上!
はいはい、イカも冷凍ですね、と作業し
クーラーBOXもキレイに洗ってホッとしたところ
冷蔵庫の中にまだ処理されていないイワシ発見!
大丈夫、頭と内臓取りますよ~

って疲れましたよ!!どんだけ弔えばいいんですかっ!!
と少々機嫌が悪くなりかけましたが
魚介類が手に入るのはとてもありがたいことなので
文句言わずに(言いながら)頑張らないとね。

イワシはニンニクとオリーブオイルで焼きました。
さすが美味!!
鮑採取能力搭載夫


2回続けて漢字ばかりのタイトルでしたので、
今回も無理やりやってみました。

近年、海にアワビが少ないこともあってか
海水浴に行っても夫がアワビを取ってくれなくなりました。
サザエやウニはすごい勢いで取るから
彼の鮑採取能力は年とともに消えてしまったんだ…
と思っていたのですが、
先日、地区のおじさん友だちと海に行った夫
ずいぶんたくさんのアワビを取って帰ってきました。
やればできるんじゃない!

写真は何年ぶりかのアワビの柔らか煮。
これにすると本当に食べやすいです。
その他、もちろん刺身にしましたし、
この前upした海鮮丼にも使い
久しぶりのアワビを堪能しました。
子牛保育園、集団投薬中


子どもたちが小さかった頃、風邪を引いた時に
薬を飲ませるのはなかなか面倒な作業でした。
粉薬を水にといたり、ジュースにといたり…

でも今思います、子牛にやるよりは全然楽だった。
現在、我が家の子牛保育園には4頭の園児がいるのですが
このところの長雨のせいか全頭、お腹を壊しました。
放っておくと発育が悪くなり、ひどい時には死んだりするので
獣医さんに薬をもらい、現在4頭とも投薬中です。

何が大変って、子牛ブースに追い込むのが一番大変。
その後、1頭ずつ縛って、水でといた薬をやります。
この行程のすべてで子牛は嫌がってバダバタするので
すごく体力仕事です。

とはいえ、一番体力のいる作業は全部夫がやり
私はもっぱら薬を溶かしたりするナース仕事しかしてないんですけどね~

とにかく、みんなが早く治ってくれることを祈るのみ!
特に ふうこ の子は腹の調子がよくないうえに
脱腸がなかなか良くならないし。
元気になってくれ~
ついでに言うと、いい加減天気も良くなってくれ~

超豪華地場産海鮮丼


昨日upしたウニは、写真のような海鮮丼になりました。
たまたま、アワビもあったし(ちょっと自慢!)
冷凍のイカもありましたし(これも微妙に得意~)
超豪華地場産海鮮丼になったのです。

ものすごく美味しかっけど、相当くどかったです。
年に1回くらいで満足…

しまった!上に載せるノリも地場産岩ノリにすれば良かった!
そうしたら“本当に超豪華地場産海鮮丼”になったのにね~
(くどくて失礼しました)

ウニ パックリ


島ではウニが採れます。赤ウニとバフンウニで味は絶品!
しか~し、ウニは食べるまでの処理がすごく面倒なので
海水浴中に海辺で割って食べるだけでした。

ところが、夫が「ウニ丼が食いたい!」と言い出し
ウニの処理がとても楽になるというウニパックリなる器具を買ってきました。
(写真の赤い柄の道具)
ので、仕方なく次女と3人で海辺で作業です。
ウニパックリはウニをパックリ割る道具で
確かに割る作業はとても楽になった!
だけど、その後のウニのオレンジ色の部分を出して
海水できれいにゴミを取る、という一番面倒くさいところは
やはり今までと変わりませんでした。
3人で1時間半、あ~疲れた。

でも次女はこういう作業が意外と好きなようで、
終始楽しそうに、かつすごい勢いで働き、
作業が終わると同時に海に飛び込んで泳いでいました。

さて、苦労したウニがどうなったかは、また次回にご報告します。
涼む次女

今日、隠岐は久しぶりの晴れ!
ここぞとばかりに布団を干し、シーツを洗濯した私です。
でも晴れとはいえ、少し日陰に入れば涼しいです。
このぐらいの気候、好きだな~

さて、涼しい日が続くので、
先日久しぶりに湯船にお湯をはりました。
喜びいさんで一番風呂に入った次女。
湯船の中でビー玉で遊んだ後、
次に入った夫とも遊んで、茹でタコになって上がってきました。
その後も「暑いよ~」と言いまくり
ついにはベランダに椅子を持ち出し、本を読んでいます。
涼しい~と気持ちよさそうな姿が写真です。

ちなみに読んでいるのは、私が20年ほど前に買った星座の本。
近頃急に、星に興味が出てきた次女です。
穏やかな日常


東京の知り合いから
「1日24時間、ずっと30℃以上なんて、絶対何かおかしい!」
というメールをもらいました。
確かにおかしい、異常ですよね。

それに比べると最近の隠岐はあまり天気がよくなく
昨日まで連日すごい強風。
そして昨日は雨がたくさん降ったせいか
ずいぶん涼しくなりました。

お盆も過ぎ、帰省客もあらかた帰り
島はいつもの穏やかな日常に戻りつつあります。

ヒラタさん再び


植物栽培は苦手な次女ですが
クワガタの世話はマメにします。
毎晩、水を吹きかけ、エサをやり
カゴから出してかまったりしています。
あと不幸にして死んでしまうと、ボロボロ涙を流し
アパートの下に埋め、石や貝で囲ったお墓を作ります。

現在、我が家は境港の実家に帰省中ですが、
3匹のヒラタさんも一緒に帰省中です。

そして5人暮らし


我が家は小さなアパート暮らし、
子供たちが成長するにつれて窮屈感が増してるのですが…

昨日まで5人家族が遊びに来ていて家中が人だらけ、
ギューギューで暮らしていたので
通常モードの今、妙に家が広く感じます。
10人分のご飯作りはなかなかハードなので、
ホッとしたの半分、寂しいの半分という気持ちは毎年のことです。

さあ、明日からまた夫の実家で14人分のご飯作り!
(まあ私は嫁の一人としてお義母さんのヘルプですが)
バタバタしているうちに夏休みは終わってしまうのでした~

写真は次女の朝顔。
次女は私に似て、植物の世話はあまり好きじゃないらしく
下の方の葉が枯れてきています。
でも1日に2個ずつぐらい咲く花がなかなかキレイです!
夏休みです!


4月から転職し、本来なら夏休みはないのですが、
5日から16日まで頂きました、夏休み!
というわけで、午前中は夏の大掃除、
午後は次女と海に行く毎日です。
数日前から次女も浮き輪なしで泳げるようになり
どぶんどぶん飛び込む姿はおもしろいです。
今年の夏は焼かないように気をつけていたのに、
連日の海水浴でいつの間にか真っ黒け!
でも夏休みはこうでなくっちゃね。

明日から千葉の友達もやって来て
我が家の夏休みモードは全開です!

写真は私の通勤路。大きな木のトンネルのようになっていて
上からセミの鳴き声が降り注いできます。
これまた素敵な空間です。

どこでしょう?


今は、近所の海で一人、ザブンザブンと泳ぐ次女を見ているところですが、
昨日まで2泊3日で本土に行っていました。
本土は暑い!

いろいろ用事はあったのですが、今回のメインは写真の場所でしょう!
松江城でございます。

松江城は1611年に建てられたまま、古い感じが素敵です。
天守閣は意外と涼しいことも驚き!
というわけで、20年ぶりくらいの松江城でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。