日本海に浮かぶ離島での、のんびり見えて実はけっこう忙しい日々。徒然なるままに書き綴ろうかと思ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
扁炉(ピェンロー)
CA340430.JPG
昨夜は興奮状態でブログをupした私でしたが、一晩寝ればいつも通り!
若い頃みたいに、いつまでもそっちの世界で夢見てるわけにもいきませんからね。

さて、写真は昨夜の夕飯、ピェンローです。
白菜と豚肉、鶏肉、干し椎茸、春雨をただ煮込み、自分の器に塩と一味唐辛子を入れてそれぞれに調味をする、という超簡単鍋です
写真の見た目は冴えないですけど、これがとても美味しい!冬の我が家の定番です。5人で白菜1玉をたいらげました。

この料理は中国の広西省の田舎料理だそうです。
詳しくは妹尾河童さんの「河童のスケッチブック」に書いてあります。(作り方も)
この本も、超おすすめですよ。
スポンサーサイト
心が震える
グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版 [DVD]グラン・ブルー/グレート・ブルー完全版 [DVD]
(2003/06/19)
ジャン=マルク・バールジャン・レノ

商品詳細を見る


 ついさっき休日の何てことないことをupしたばかりなんですが…

 私は昔から、いい映画や本などに出会うと、感動のあまり興奮状態もしくは放心状態に陥ることがありました。
 コスタガブラスの「ミュージック・ボックス」、ガス・ヴァン・サントの「マイ・プライベート・アイダホ」、「蜘蛛女のキス」、「ジェイコブズ・ラダー」など、これらの映画を観た後しばらくは、誰とも話もしたくなく、ただただその映画のことを考えてすごしていました。
 その陶酔感は“心が震える”と言えばいいのか…
若いころには、そんな出会いがけっこうありました。しかし、年をとってきて感性が鈍ってきたのでしょうか?最近はそんな経験もほとんどなかったのです。

 それが今日!今!私は興奮状態にあります。
NHKのワンダーワンダーという番組を観たからです。題材はフリーダイビング、酸素なしで100m以上の深海に潜っていく競技です。
水深100mでは、太陽の光も届かず、水圧も地上の10倍ほどになるそうです。水面に上がるまでに体内の酸素が足りなくなれば、気を失い、ひどい時には死にいたることもあるとか。。。
 
 私が感動してしまった映像は2つありました。
1つ目は、沈んでいく人の姿です。水深50mぐらいまでは、人は足ひれを使って懸命に潜ろうとしなければ、体は沈んでいきません。しかしそれを超えると水圧のために浮力がなくなるのだそうです。だから何もしなくても体は吸い込まれるように沈んでいく… 
体を少し“く”の字に曲げて、深い深海に沈んでいく姿は、空恐ろしく、けれど目が離せない映像でいた。
 そしてもう一つは、ある日本人ダイバーが、自分の満足した潜りができたときにする儀式。
競技のときに着ているダイビング用のスーツを脱ぎ、自由に、まるでイルカのように海の中を泳ぎまわる姿。。。

 すっかり魅せられてしまって、私は今ひとりため息ばかりついています。この感動と興奮をどこにやったらいいのでしょうか… 久しぶりのこんな気分に、おばさんになった私はとまどい、少々しんどく、だけどワクワクしています。

 そんなわけで思い出したのが当然のように「グラン・ブルー」。
この主人公は最後、深海の中でロープから手を離し、イルカとともに去ってしまうのですよね。
今日の番組で日本人ダイバーは「深海はまるで宇宙のようだ」と言っていました。そんな世界に旅立ちたくなる人の気持ち、何だかせつないな~

 ものすごく長い独り言でした。今日は寝られるだろうか、私…
種付け待ちです
CA340424.JPG
休日に朝寝坊するのが私の趣味です。
しかし昨夜、
「明日は牛の種付けをするから、ちょっと早起きして手伝ってね」と、夫に言われてしまいました。
休日なのに早起き…

でも、せっかくデートに誘われたんだから、断れない!
先日、のり摘みデートを断った弱みもあり、今回の種付けデートは行くことにしました。

7時起床!

写真の3頭を、種付け用の枠の近くに連れて行きました。
みんな慣れない場所にドギマギしているところです。

早起きはしんどかったけど、天気が良く、ほどほど運動もできて幸せな朝でした。
キャラメルチョコチップくるみパン
CA340422.JPG
パン焼き器フィーバーが続いています。
前の機械の時には、普通の食パンと塩パンを交互に作っていたのですが、新しい機械になってからはいろんな種類のパンを作りたいモードです。

フランスパンやレーズンパンなどいろいろ試しましたが、昨夜はキャラメルチョコチップくるみパンを焼きました。余っていたお菓子の材料を入れただけでしたが、ちょっと菓子パン風で美味しかったです。

5人で2斤ペロリと食べました。

週末は自分で成形して、オーブンで焼いてみたいなあ。
夢が広がります。
何てことない空ですが…
CA340420.JPG
昨日、仕事から帰って空を見上げたら月がきれいでした。
何てことない空ですが、天気の悪い山陰の冬には、こんな青空と白い月は貴重な光景です。

東京では久しぶりの雨だとか…
羨ましいぞ、太平洋側!
あったか弁当箱
20100127125510
うちの夫はあまり物欲がありません。
だから、服とか財布とか日用品は最低限揃っていれば満足なようです。

その分、夫がたまに欲しがるものは大きくて高いものが多い!
耕運機とか、草刈り機とか、舟とか…
まあすべて仕事に関するものだから、これをおねだりと言っては悪いのでしょうが、滅多にない夫の「~買ってもいいかな?」はけっこう恐怖なのです。

さて、昨年末に夫が欲しがったのは珍しく小さくてリーズナブルなもの、保温弁当箱です。
夫は最近、草刈りのバイトに行っていて、その仲間たちはみんな“あったか弁当箱”を持っているんだそうです。

“みんなが持ってるんだよ~”というのは物を欲しがるうえですごく正当な理由ですよね!

先日、本土に行った時に買ってきて、昨日から持って仕事に出かけています。
初日の感想は
「すごくあったかかった!」だそうです。

いい買い物したね~!
午後のお茶
20100125090633
先日焼いたレモン・パウンドケーキを持って友人宅に行きました。
他の二人も、さつまいものタルトと、リンゴとキウイのパンを作っていました。
というわけで食べ過ぎました…
でも美味しかった…
レモンのパウンドケーキ
20100124210958
ここ数ヶ月、パウンドケーキを作りたいと思ってました。
作りたい、というよりは食べたい!が強かったですが…

お菓子作りマスターの長女はなぜかパウンドケーキを作ってくれないので、昨日の午後、次女を手下に作りました。

レモンの皮と汁が入ったケーキです。
手下は非力なので(5歳だから)、混ぜたりするのはほとんど私で、腕が疲れた…
特に最初の、バターをマヨネーズ状にするところでクタクタになりました。

しかし完成したケーキは、すごく美味しい~!上のアイシングもレモン汁を入れて、爽やかな味でした。

小さい方は我が家用、大きい方は友人宅に持っていきました。

お菓子作りって、けっこう楽しい!と再認識です。
やっと購入!
20100123090318
以前、パン焼き器が壊れたという話をupしましたが、それから数ヶ月…
やっと買いました。

なぜ購入までにこんなに時間がかかったかというと、2斤用がなかなか見つからなかったからです。
我が家は5人家族なので、とても1斤では足りないのですが、今どきは2斤用を作っているメーカーはほとんどないのです…

結局、サンヨーの機種を買いました。
レンジ台の定位置に置いたら、大きすぎてフタが開けられない、という誤算もありましたが、無事に稼働してます。

初日は普通の食パン、次はぶどうパン、そして昨夜はフランスパンを焼きました。今までのツインバードに比べると格段に美味しい!
やっぱりパンは自家製に限りますね~
初物を食べて笑う
20100121090119
また、これは何でしょう?という感じの写真ですが…

夫が今年もナマコ漁を始めました。初日にいきなりオコゼに刺されて苦しんでいましたが、これからしばらく頑張るそうです。

というわけで、昨夜はナマコを食べました。一緒に入れた大根おろしは自家製(うちの畑で採れたという意味)、岩のりも自家製、そして柚子は実家産。
こんな料理を作ると、自給自足をしてるわ~ という錯覚に陥り、何だかいい気分です。

初物でしたので、東を向いて笑っておきました。
新年の抱負
20100120084131
もう1月も半ばになりましたが、今さら新年の抱負の話題です。

我が家では元旦の朝、一人ずつ抱負を言うのが恒例です。今年も例年通りで、私の抱負は家計簿をつけること。
実は今まで何度かトライしては挫折しています。その敗因は、普通のノートとかに書き込んでいたからではないかと…
あり合わせの物で貧乏臭さがいけなかったのかも…
こういうことは形から入るのも大事、というわけでAmazonで可愛い家計簿を買いました。そして1月20日現在、きっちりつけています!
一年続けたら、我が家の支出の傾向や無駄が見えてくるのではないか??

一緒に写っているのは私のiPod、久しぶりにi-Tuneで曲を落としました。
DIRE STRAITSの「MONEY FOR NOTHING」と、大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」
古い!でもどちらもカッコイいです。

曲を買った代金は、もちろん家計簿につけました。
今年の私は抜かりなし!
これは何でしょう PART2
20100119220626
さて、これは何でしょう? PART2

そうです、餃子です!でもただの餃子ではないのです。
これは金沢 第七餃子のホワイト餃子です!!

私たち夫婦は学生時代を金沢で過ごしました。そして、よく食べていたのがこの第七餃子。

男子学生の一般的な注文の仕方は“大・大・トン”
餃子15個にライス大盛、それに豚汁、を意味します。私が食べていたのは“中・中・トン”餃子が10個にライス普通盛りです。豚汁はネギと豚肉しか入ってませんでした。

これがすごく美味しかったし、満腹になるので、小立野台地にある、ものすごく汚い店によく食べに行きました。
そんなわけで第七餃子は私たちにとって思い出の味なのです。
つい先日も「第七食べたいよね~」なんて話していたのですが…

それを聞いていたかのように、大学時代の友達が第七餃子を送ってくれました。

写真が焼き上がりの図。同封されていた焼き方に忠実に調理したのですが、ちょっと焦げました。
でも味は最高!懐かしい味に(子供たちにとっては新鮮な味)大喜びな夕飯でした。

ちなみに、私が独身の頃に住んでいた習志野市大久保に、これとそっくりなホワイト餃子を出す店がありました。店の名前は忘れましたが…東邦大の前だったはず。ここも美味しかったです。

あと1回分残ってるんだ~
天気がいいのに仕事です
20100118125825
一昨日から、「天気がいい」ということしか書いてない気がしますが…
今日も晴れです。
洗濯物を外に干せます。
あ~、幸せだ~!

今日はたいして書くこともなく、この幸せ感を書きたかっただけでした。

写真は、ももちゃんの子です。この子は顔の毛がホワホワしてて、ぬいぐるみみたいです。ちょっと内気で、そこがまた可愛いのです!
魚を捌くなら海辺に限る
20100117212421
今日も晴れで暖かい隠岐です。

昨日、友達から大量のクロエ(メジナ)を貰いました。久しぶりの魚、とても嬉しいのですが、魚は捌くのが大変です。特にこのクロエはウロコが硬く、内臓が少々臭い…
なので捌き終わるとシンクはウロコだらけ、そしてものすごく生臭くなります。

というわけで、今日は海辺で作業することにしました。
海辺ならウロコがそこら中に飛び散っても気にならないし、内臓は海に捨てればいいし、最後に海水で魚を洗えばいいし… いいことづくめ。
海に捨てた内臓や頭は、トンビやカラスが激しい争奪戦をして食べてくれました。あまり大きな頭だとカラスには重いようで超低空飛行、あげくに後ろから追ってきたトンビに取られたり、途中でボトっと落としたりしています。

天気のいい日曜日の午後、魚を捌きながら鳥たちの面白い動きを見るのは、何ともノンビリ幸せな時間でした。

今日の格言。“魚を捌くなら海辺に限る!”(ただし晴れの日限定)
久しぶりの晴れに浮かれる
20100116195133
山陰の冬というのは天気が悪い、ということはもちろん分かっています。(隠岐在住8年目ですから)
しかし今年の冬はひどい!天気予報には毎日雪マークが並び、降ったり止んだりしながらの曇天続きにはいい加減イヤになります。

ところが今朝起きてみたら太陽が~!久しぶり、元気にしてた、と話しかけたいぐらい嬉しくなりました。
地球に太陽があって良かった。
夜行性の動物じゃなくて良かった。としみじみ思いました。

午前中は先ほど書いたように、のり貼り。そして午後は畑の大根を収穫しにいきました。
我が家の畑はスタートが遅かったため、なかなか作物が大きくならなかったのですが、待ってみるもんですねぇ。
最近になって大根も人並みなサイズになりました。そして島にはびこるタヌキに食べられそうなので、大きいのは抜いて新聞紙に包み、発泡スチロールに入れて保存しました。

「これで冬中、大根に困らないね」と、長女。
冬の食料を貯め込むって私も好きだわ!

ちなみに長女は
「母ちゃんって、畑に興味ないくせに、収穫になると張り切るよね」と言っています。大当たり…
岩のり
20100116150235
昨夜、夫に
「明日は早起きして、のり摘みに行かないか」と言われました。久しぶりのデートのお誘い!(のり摘みデート)
嬉しいわ~!
でも早起きはイヤだな。と、思って寝て、案の定早起きはできず…

朝起きたら夫は一人でのり摘みに出かけていました。何年ぶりのデートの誘いだったのにー!!

摘むのは手伝えなかったので、貼るのを手伝いました。
まず水洗いをし、ちょっと小さくきざみ、それを水の中で枠に貼ります。あとは干して出来上がりです。
今日の収穫は20枚くらい、まずまずってとこですかね。
やっと雪景色
20100114084555
今年の冬は連日、天気予報に雪だるまマークが並んでいます。
でも、そのわりに積もらない!次女が「積もんないじゃん」と怒っているのは以前書いた気がしますが…

朝起きてみたら、雪景色でした。美しい~!

長男は「あ~、早く雪合戦したいなあ」と学校へ行き、次女は「一番最初に園庭に出たい!」と張り切っています。

雪って、そこにあるだけで幸せなものですねぇ。
(雪国育ちは雪が好き)
新学期
20100112202736
島の学校は昨日の祝日から新学期が始まりました。冬休みでだらけきった体が仕事に慣れない…
普通の人はもう4日から働いているというのに、まったくだらけたものです。

でも3学期も頑張って働くぞ~
荒天続きで夫は毎日がお正月状態ですからね…

写真は先日作ったりんごジャムのりんご。青りんごも残ってたので入れました。
本当は紅玉で作ってみたいです。老後の楽しみかな?
お出かけ
20100109235953
今日は境港行きのフェリーに乗ってお出かけしました。家族全員で島外へ出るのは去年の春以来です。

出かける1時間ほど前に、我が家の牛がトラブルに巻き込まれたか?という情報があり、夫が出動するという騒ぎがありましたが、結局何もありませんでした。

久しぶりの実家はワイワイ大騒ぎ、楽しいです。

写真は意味もなく牛です。
りんごのタルト
20100108211924
長女が久しぶりに気合いの入ったお菓子を作ってくれました。りんごのタルト

この時期、長野の姉からジャム用のりんごが来ます。というわけで、ジャムを煮たり、いろんな種類のりんごのお菓子を作ったりして楽しむのです。

このタルトのことは昨年も同じ時期に書いたような…(未確認)
タルト生地はパート・ブリゼ(甘くない)、フィリングはりんごをバターで炒めたものに生クリームなどが混じっています。そして最後に上の砂糖をキャラメリゼしたところがカリカリしてて絶品でした。

さて、夜に私もケーキを焼きました。ポムポムケーキという、こちらもりんごのお菓子なのですが、こっちはいたって簡単!材料をどんどん混ぜて焼くだけ。
明日、夫の実家にお土産に持って行きます。
書き初める
20100107112524
「書き初める」というタイトルは、東野圭吾のガリレオのタイトルを意識したのですが…
どうでしょう…(どうってことないですね)
ただし何のひねりもなく、写真の書き初めです。

先日、冬休みの宿題の書き初めを長女と長男がやっていたので、家族全員で書き初めってみました!
どうでしょう…(再び)

どれが誰のかは書きませんが、子どもたちの方が親より立派な字を書く、ということが判明しました。
ともあれ、半紙に向かって姿勢を正して文字を書く、というのはなかなか清々しい気分でした。
次回はもう少し気の利いた言葉を選ぼう(早くも来年の抱負か?!)
新春の散歩
20100104141358
皆さんはもう通常モードでお仕事をしているのでしょうか?
我が家も今日から早起きして、次女を保育園に連れて行って、バリバリ動く予定でした…

しかし朝起きてみたら8時半… 保育園の門が閉まる時間じゃないですか!
というわけで早々に挫折。相変わらずの正月モードが続いています。

退屈している次女と初散歩に行ってきました。写真は、小高いところから地区の港を見下ろした風景。正月なので、いくつかの舟には日の丸や大漁旗が飾られていて、何だかキレイです。
まだまだ正月気分
20100103124412
もう3日になりますが、我が家はまだまだ正月気分。9時すぎに起き出し、箱根駅伝をだらだら見て、その後やっとみんなが動き出すという体たらく…

昨日は友達の家で夜までお呼ばれし、帰ってから「容疑者Xの献身」を見ました。
この映画が公開された時、堤真一と松雪泰子はミスキャストだとすごく思いました。堤真一はかっこよすぎ、松雪泰子はゴージャスすぎだと。

でも昨夜観て納得!はまってました。
堤真一って役者ですよね~。普段あんなにかっこいいのに、ただの冴えない中年男、それもどちらかっていうとあんまり近くに寄りたくない感じになってました。すごい!
そして、その石神さんにあれだけの行動をさせてしまうほど魅力的な女性でなければいけないんだから、松雪泰子の美しさにまた納得!

原作は私にとって、数年前のベスト1でした。あの2つ目の殺人のトリックが明かされた時の驚き、途中からストーカーめいてきた行動までが計算だったとわかった時の感動!
いまだに忘れられません。

最近あんなに感動した本を読んでないなあ…
2010年はまたいい本にたくさん出会いたいものです。

写真は元旦の夜。お節ばかりだと子どもたちが飽きるので、チューリップを揚げました。盛りつけは夫、コンセプトは舟の舵だそうです。
あけましておめでとうございます!
20100101163644
皆さん、あけましておめでとうございます!
島は大荒れの天気での年越しでした。大晦日はフェリーが全便欠航に。そして今日は島の港が荒れていてフェリーが着岸できないそうです。本土に行くには、小さな連絡船で隣の島に行き、そこでフェリーに乗り換えます。

フェリーが昨日欠航したので、荷物も新聞も来ませんでした。
つまりもう少しすると、大晦日と元旦の新聞が一緒に届きます。これって新聞の意味があるのだろうか?

というわけで、とても島らしい年明けです。
今年一年、楽しいことがたくさんありますように!
そして皆さん、今年もよろしくお願いします!

写真は今年の気合いが入らないお節料理、詰めるのが面倒になり、なんと二の重は一面栗きんとんのみでまとめました…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。