日本海に浮かぶ離島での、のんびり見えて実はけっこう忙しい日々。徒然なるままに書き綴ろうかと思ってます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポール・ベタニー
 以前にも書いたような気がしますが、私はポール・ベタニーというイギリスの俳優が好きです。
彼と出会ったのは下の「ロック・ユー」という映画。素っ裸で道を歩いている登場シーンが強烈でした。そのお尻に惚れたわけではなく… その長身と青い目と、いかにもイギリス人~という話し方なんかが素敵だったのです。
 この「ロック・ユー」という映画はイギリスの中世が舞台なのですが、音楽はクイーンだったりデヴィッド・ボウイだったり。そのズレた感じがものすごく面白く、私の大好きな映画です。

ロック・ユー! [DVD]ロック・ユー! [DVD]
(2008/11/26)
ヒース・レジャールーファス・シーウェル

商品詳細を見る


 さて、その後「ビューティフル・マインド」や「マスター・アンド・コマンダー」なんかでもポール君には出会ってましたが、昨夜観た「ウィンブルドン」で久しぶりにかっこいい姿を見ました!

ウィンブルドン 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD]ウィンブルドン 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD]
(2009/08/05)
ジョン・ファヴローサム・ニール

商品詳細を見る


 私はテニスが好きで、本物のウィンブルドンもよく見ます。だから正直、この映画には何の期待もしてなかったのですが… 
 確かにテニスのシーンは、カットをつないでうまく見せているとはいえ、お粗末ーー!あんなヨロヨロレシーブでウィンブルドンは勝てないよ!フェデラーとナダルの試合を見て勉強しなさい!!とツッコミを入れたくなりました。

 しか~し、そんなことはどうでもいいのです!この映画のポール・ベタニーのかっこいいこと!!キスシーンにうっとりーーー!!彼のイギリス人らしい感じがすごく素敵でした。

 ちなみにこの映画、Working title と Studio Canal が製作に関わっています。ハリウッド資本でイギリス映画を撮る時、この組み合わせが多いんですよね(ブリジット・ジョーンズの日記とか)。
 私はここの映画がわりと好きです。そんなにお金はかけてなさそうな雰囲気が好き!それに脇役がいい味だしてることが多く、今回はポール君の弟役と親友役の人がなかなかよかったです。

 結局何が言いたいかと言えば、ポール・ベタニーはかっこいい!ということに尽きるのですが、気が向いたら観てみてください!
スポンサーサイト
映画な夜&お知らせ
長女と二人だけ、ということで連日夕飯後に映画を観ています。
 第一夜は「カーリー・スー」を観ました。お気楽に見られる楽しいアメリカ映画で、長女も楽しんだようです。あんな生活レベルの差で三人は幸せになれるのかしら??などと必要のない心配をした私でしたが、そういうことを気にさせないのがアメリカ映画のいいところですかね?

カーリー・スー [DVD]カーリー・スー [DVD]
(2007/02/09)
アリサン・ポータージェームズ・ベルーシ

商品詳細を見る

 
 そして第二夜は「ギルバート・グレイプ」でした。

ギルバート・グレイプ;WHAT'S EATING GILBERT GRAPE [DVD]ギルバート・グレイプ;WHAT'S EATING GILBERT GRAPE [DVD]
(2005/08/26)
ジョニー・デップジュリエット・ルイス

商品詳細を見る


 この映画を私が初めて見たのは、たぶんまだ独身の頃だったと思います。とてもいい映画だ、という印象は強く残っていたのですが、今回見て改めて感動&号泣…

 私も結婚して子供もできて、少し年もとって… 以前とは映画を見るときの視点が変わっているのでしょうね。
 今回は、可愛くて無邪気で、だけどもうすぐ18歳のアーニーくんを想い泣き。
太ってしまった自分をはがゆく思いながら、でも子供たちをすごく愛しているお母さんを想い泣き。
そんな家族を愛しているけれど、そんな家族から逃れられなくて苦しんでいるギルバートくんを想い泣きました。ギルバートくんの優しさがたまらなかったです。

 映画でこんなに号泣したのは久しぶりでした。ちなみに私はこの映画の監督、ラッセ・ハルストレムの作品が好きです。初期の「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」も「サイダーハウス・ルール」も。。。
どの作品も、何ともいえない物悲しい世界なんですよね。


 さて、話は変わってお知らせです!
最近、ちょっと不愉快なコメントがたびたび書き込まれています。そのつど拒否して削除はしているのですが、私がブログを確認するまでの間はそのコメントが出たままになっていて、訪問してくださる方にも不愉快だな、と思ってます。
そこで、コメントは私が承認してから表示される、という形式に変えました。少々まどろっこしいのですが、ご了承くださいませ。
ミハイル・バリシニコフ
愛と喝采の日々 [DVD]愛と喝采の日々 [DVD]
(2008/09/26)
シャーリー・マクレーンアン・バンクロフト

商品詳細を見る


 今日も映画を観てしまいました。本当はレポートを書かなければならないのに、締め切りが近くならないとなかなかエンジンがかかりません。

 今日観たのは「愛と喝采の日々」。すごく以前に観たことがあるのですが、すっかり内容を忘れていました。
 高校生の頃、私はミハイル・バリシニコフというダンサーに夢中だったのです。そしてその人が出ている映画、ということでこの作品を観たのですね。その当時は、「たいしてミハイルが出ないじゃん!」と不満に思ったことしか覚えていません。
 しかし、今回観てみて、ビックリ!
そりゃあ主役ではないけれど、踊るシーンもたくさんあるし、プレイボーイなかっこいいシーンもたくさんなんですよ!!久々に彼のバレエを堪能しました。素晴らしい!!ハラショー!!!

 ちなみに私がバリシニコフ・ファンになったきっかけの映画がこれ↓

ホワイトナイツ 白夜 [DVD]ホワイトナイツ 白夜 [DVD]
(2005/03/25)
ミハイル・バリシニコフグレゴリー・ハインズ

商品詳細を見る


 オープニングに踊りながら椅子を飛び越えるところが、かっこいいんですよね…
私としては、アメリカが舞台より、やっぱり彼にはロシアの寒々とした風景の方が似合う気がします。「ホワイトナイツ」観たいな~。
久しぶりの映画
マスター・アンド・コマンダー [DVD]マスター・アンド・コマンダー [DVD]
(2004/07/23)
ラッセル・クロウポール・ベタニー

商品詳細を見る


 先日、久しぶりに観たのがこの映画「マスター・アンド・コマンダー」
BSでやっていたのを録画してあったのですが、いつもの如く、何の前知識もありませんでした。ああ帆船の話なのね!という感じ。
 何も知らないのになぜ、この映画を選んだかというと、何を隠そう、私は主演のラッセル・クロウのファンなのです。「グラディエーター」のマキシマス以来なのですが、その後の映画はそんなに感心せず(「インサイダー」とかなんてただの太ったおっさんだし…)気持も冷めかけていたのですが…

 この映画で再燃!!やっぱりこの人には指揮官の役が似合います。部下に命令を下したり、優しく声をかけたり… かっこいいーーーー!

 映画自体もなかなか面白かったですよ。恋愛や思い出とかに逃げずに、ひたすら海の上の男たちだけを撮ってる硬派な感じが私は好きでした。

 ちなみに助演のポール・ベタニーも私はけっこう好きです。「ビューティフル・マインド」でラッセルと共演した時は、ポール・ベタニーの方がかっこよかったりしたのですが、今回は指揮官ラッセルの魅力に負けましたね。ポールくん、もみあげも変だったし…

 さて、レポートも終わったことだし、今夜も何か観ようかな~
家族で映画 久しぶり
2番目のキス (特別編) [DVD]2番目のキス (特別編) [DVD]
(2008/03/19)
ドリュー・バリモア

商品詳細を見る


 久しぶりに家族で映画を観ました。
長女が中学生になって、毎日部活で遅く帰ってくるし
土曜日も部活や長男のバスケット練習であまりのんびりはできなくて
夜更かしが難しい日々です。

 今日が全員お休みだったので、
昨夜はみんなでこの映画を観ました。

 なかなか勝てないレッドソックスのファンの喜劇。
その熱狂ぶりは本当にバカみたいです。

 それにしてもこの邦題はなんなんでしょうか?
最後にハッピーエンドでキスはしますが、
ちょっと意味不明…

 原題は Fever Pitch 群衆のすごい興奮状態のことをいうのだそうです。
同じ題名で、サッカーの熱狂的なファンをコリン・ファースが演じたイギリス映画もあります。(私は観てないけど)

 日本にはこういう熱狂的ファンってあんまり見かけませんよね~
浦和レッズのファンとか???
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。